2次会のサプライズで、会場は大盛り上がり!

結婚式の2次会で使われることの多かった、飲食店で働いていました。
様々なカップルの2次会のサービスをしていましたが、
その中で、最もインパクトがって、今でも鮮明に記憶に残っている2次会があります。
それは、テレビ放送局の方の2次会です。
2次会の出席者が全員着席して、音楽が流れ、会場に正装をした新郎新婦が笑顔で入場していきました。
すると、アナウンサーがマイクで、
「ビックニュースです! 凄いニュースが入ってきました!○○さんと、○○さんが、本日結婚式を挙げた模様です!」
「今、新郎新婦の姿を捉えました!それでは只今から生中継でお伝えしいますっ!!」と。
次の瞬間、一斉に報道陣達が会場になだれ込んで新郎新婦を取り囲みました。

腕章をした新聞記者が取材用のバッグを持ちながら、新郎新婦をカメラで撮影したり、インタビューしてメモをしたり。
ボイスレコーダーを持った取材陣達が新郎新婦に駆け寄って、取材合戦が始まったり。
それを肩にカメラを担いだカメラマンが撮影し、音声さんが音声マイクを持って音声を拾ったり。
アナウンサーがマイクで「今のご心境はいかかですか?」と新郎新婦にインタビューしながら、その様子を会場にいる出席者に向けて実況中継。
スタジオで使われるような、大きな台座付きのテレビカメラが入ってきて大がかりな撮影が始まったり。
さすが、本物の放送局の人達がやっているだけあって、凄い臨場感で本当の取材さながらの迫力でした。

そのサプライズで、会場のがMAX盛り上がると、今度は「号外でーす!号外でーす!号外新聞がが出ましたーっ!!」と、
号外新聞を持った男の人が飛び込んできました。
会場を走り回りながら、出席者全員にその号外新聞を手渡していきました。

サプライズに、新郎新婦もお客さんも本当にビックリしていました。
スタッフもそんなサプライズがあることを全く知らされていなかったので、スタッフも全員 目が釘づけになって見入っていました。

号外新聞がみんなの手元に届き、新聞を見始めると本格的な2次会が始まりました。
号外新聞には、2人の写真や2人を紹介する記事やエピソードが載っていて、その号外を見ながら新郎新婦を紹介したり、馴れ初めを説明したりしていました。

その2次会は、ビンゴにクイズ・ゲーム、何をやっても大盛り上がりでした。
会場にいる全員が幸せオーラで包まれていました。
どんな2次会よりも盛り上がって、出席者のお客さんとスタッフの間にも、いまだかつてないほど一体感が生まれました。
お客さんとスタッフが一体となって、2次会を楽しんで盛り上げていました。
みんなで新郎新婦を祝福して、みんなで喜びをもらい合っていました。
誰かと誰かの目が合うたびに、みんなが幸せそな笑顔で微笑み合っていて、絶え間ない笑顔が溢れていました。

これほど楽しい2次会は見たことがありませんし、出席したこともありません。本当に忘れられない最高の2次会でした。