印象的な披露宴

今まで友人や親類の結婚式など出席したものや自分たちの結婚式などを経験しましたが、その中でも印象的なものは、やはり演出が凝っているものだと感じます。
演出にも様々なものがあり、花火やバルーンを使った派手に演出が行われるものもありましたが、それよりも最も印象に残っているのが、余興で珍しいものを行っているものでした。友人の披露宴でありましたが、新郎や新婦の退席の際に、その場で一緒に退場する人を決めるものがありました。

そのときは、司会の方が「今日はこの会場から新婦と一緒に退席する方を選びたいと思います!」と行った時にまず会場がざわつきました。
そして、「一緒に退席を希望する○○さん、○○さん!」と言われた時に会場がすごく盛り上がりました。
その2名は新婦の父と弟でした。

そして、新婦の父親と弟でその場でジャンケンをし、勝ったほうが一緒に退席できるというもので、あまり見たことのない演出だったため、会場内のみんなも一緒になって大盛り上がりでした。
結局、弟が勝ち、弟と兄弟で退席をしましたが、場の流れでは父親が勝つものだとみんなが予想していたので、意外で面白かったです。
新郎と退席する人はお世話になったおばあちゃんで、これも少し珍しいものだと思いましたが、会場が温かい雰囲気になってよかったと思います。
他の方の結婚式に参加した時には、新婦の母親がすでに亡くなってしまっていたので、お世話になったお兄ちゃん2人にエスコートされて新婦が入場するというものもありました。
このように感動するもの等も大変印象に残りやすいと思います。

2次会では、当日その会場内でくじを行い、当たった順に景品が当たるというものを行っている人がいました。

全体を通して、これまでの経験からいくと、新郎新婦がその日の主役なので、本人たちが楽しいものを行うのが1番だとは思いますが、会場内の全ての人が一緒になって参加できるものを取り入れている披露宴は、楽しく、印象に残る気がします。また、お祝いのDVDやプロフィールDVDなどもただ紹介するだけの内容よりも、笑える内容や内容の濃いものは見ていて楽しく、印象に残ります。
自分たち(参加者全員)に対してのメッセージ入りのエンドロールも夢中になってメッセージを読めるので飽きません。

して欲しいサプライズ

私は今年結婚式を行います。
(まだ先…秋の話になりますが)
過去に出席した中で印象深いものは映像でのサプライズです。
私自身も職場仲間への映像のプレゼントを行いましたが、
作成している自分自身も、いいな~と感じました。
内容は特にはないのですが、映像で残りDVDとしてプレゼントして欲しいと思っています。

また作り手にもなった自身の感想は結構大変(汗)
でも当日作ってよかったという良い思い出にも繋がりました。

今準備中の私ですので、まだやって頂きたいものが出てきます。
高校時代の思い出が印象深いので、
高校時代に行ったダンス披露に自分も参加!!するとか。
ドレスを着ているので、難しいかな?とは感じますが、
面白そうですね。

自分自身が行うに当たって全員に行いたい事は
感謝の気持ちを伝える事です。
今までにない事をチャレンジしたいのですが、
最後に全員にお手紙をお渡しするようにしたいですね。

あとは両親に対して結婚式後というか、
サプライズで結婚のお祝いをしたいと思います。
私の母親が再婚間近ですが、
なにもなく再婚すると聞いていたので、それをサプライズで演出。
祖母の誕生日が数日後に迫っていたら、祖母の誕生日を祝っていきたいなと感じます。

職場の方には大変お世話になっています。
その方達に写真のプレゼントを行いおうと考えつきました。

大阪にすんで10年経ち、育った場所が長崎です。
来て頂いた方達には長崎の良い所を知ってもらいたいなと感じます。
お食事メニューに入れて、今までたべた事のない郷土料理に
大阪の方々にも触れていただけたら嬉しく感じます。

自分の事ばかりになってしまいました。

故郷を離れていたら、何かしら故郷を思い出すものであったり、
知らない方に知って頂けるような事を
こっそりと交えて差し出せるととても自分の中で
一番やりたい事だと感じました。

式を挙げるとなるとすごく不安や楽しみも混ざっていきます。
誰もが人とは違う事を少しでも取り入れたいと感じます。

結婚式の初サプライズ。

結婚式で、サプライズ。というのはよく聞く言葉です。
しかしそのどれもこれも、もう出尽くしているのではないのでしょうか。
どこかの結婚式で観た、という内容ばかりのような気がします。
ここに書くのは、今までに観たことのない、こんなサプライズどうでしょう?というものです。

よく、結婚式の料理はおいしくない、とか言われます。
おいしい、のもありますが、こんな酷評する方もいらっしゃいます。
それでは、新郎新婦が可愛そうと考えました。
そこで、
会食がはじまってしばらくした時に、イベントをします。
「新郎自らが、中華なべを振ってみなさまに、チャーハンを振舞います。」
結婚式の料理はとかく冷たいとか言われるわけですから、熱々のチャーハンだと文句が言えません。
しかも、オマールエビやらタラバガニやらで普段口にしないようなチャーハンを振舞うのです。
思いきった演出に、会場はどよめくことでしょう。しかも、チャーハンは大人気となることウケあいです。

また、出し物では、両家全員参加の企画があります。
新郎新婦ご両家対抗、家族歌合戦です。

おそらくこれも今までになかったのではないでしょうか。
めでたい宴席の日にあえて、家族対抗となるのです。
友人たちのありきたりな出し物よりも、よっぽどインパクトがあるのではないでしょうか。
たとえば、新郎のお母さまがびっくりする程の音痴だったらどうでしょう。
大爆笑が起こり、その結婚式は来た方誰もが忘れない結婚式となる可能性を秘めています。
「お前の結婚式のお前のおかん、あの歌さいこーやったな」みたいな感じで。

自分としましては、いろんな結婚式に参加してきて、いろんな余興を見てきました。

ですから、自分が結婚式をするときには、誰もが想像しなかったような結婚式をしてみたいのです。
それは、もしかしたら感動を追求したものではないかもしれません。
どちらかと言えば、笑いが起こるようなものがいいな、と思っています。
ですが、参加していただいた方が大笑いしてくれるのであれば、それはとても嬉しいと思うのです。